薬剤の返却・紛失・廃棄

不要な薬剤を返却する

治療の中止などで、患者さんの手元に服用しないレブラミド・ポマリストが発生した場合、患者さんまたは 薬剤管理者は不要な薬剤を責任薬剤師へ速やかに返却しなければなりません。
責任薬剤師は、患者さんから不要な薬剤を受け取り、返却手続きを行ってください。

返却された薬剤は、医療廃棄物として廃棄してください。廃棄の際には、脱カプセルなどにて曝露しないように注意してください。
レブメイトカードが返却されると、その患者IDは使用できなくなります。レブラミド・ポマリストで治療を再開する際は、改めて患者登録、レブメイトカードの再発行が必要になることを説明してください。

治療を再開する可能性がある場合は、返却手続きは行わず適切に保管するよう指導してください。
独居の患者さんが亡くなった場合など、残薬の回収が困難で第三者に曝露リスクのない場合は、この限りではありません。

返却薬剤報告書(様式24)の各項目について、確認のうえ作成します。

作成後、返却薬剤報告書(様式24)をRevMateセンターにタブレット端末またはFAXで送信します。

送信後、RevMateセンターから返信される返却薬剤受領書(様式25)を受け取ります。

返却薬剤受領書(様式25)を患者さんに渡します。

薬剤を紛失した場合

レブラミド・ポマリストを紛失した報告を受けた処方医師または責任薬剤師は、RevMateセンターに報告を行う必要があります。

レブラミド・ポマリストを紛失した方から、紛失の経緯などを確認し、適切な管理方法などを指導します。

薬剤紛失報告書(様式26)を記入し、RevMateセンターにFAX送信します。

FAX送信された薬剤紛失報告書(様式26)は、RevMate運営委員会に提出され、必要に応じ適切な対応 が検討されます。
紛失の経緯はできるだけ詳しくご記入ください。

不要な薬剤を廃棄する

不要なレブラミド・ポマリスト、または落下などで服用できなくなったレブラミド・ポマリストを受領した 責任薬剤師は、曝露しないように注意し、医療廃棄物として確実に廃棄します。

責任薬剤師は、薬剤廃棄連絡書(追補7)を記入し、RevMateセンターへFAX送信します。

廃棄する薬剤は病院内のルールに従って適切に処理します。

ページトップへ

アイコンの見方

アイコンの見方