患者区分と遵守事項

RevMateでは、患者さんやそのパートナーの妊娠を回避するとともに、患者さん以外がレブラミド・ポマリストを服用することがないよう厳重に管理いただくため、以下のような遵守事項を設けています。
処方医師や責任薬剤師は、患者さんの区分に応じた遵守事項の説明をしてください。

遵守事項 A男性 B女性 C女性



「レブラミド・ポマリストは催奇形性を有する」
ことの理解
精子・精液の提供の禁止

治療中(休薬期間を含む)、治療終了4週間後まで

授乳の禁止

治療中(休薬期間を含む)、治療終了4週間後まで

献血の禁止

治療中(休薬期間を含む)、治療終了4週間後まで




性交渉を控えるか、男女ともに適切な避妊措置を行う
男性:必ずコンドームを着用
女性パートナー:避妊法の実施(推奨)

治療中(休薬期間を含む)、治療終了4週間後まで

女性:1種類以上の避妊法を実施
男性パートナー:必ずコンドームを着用

治療開始4週間前から治療終了4週間後まで
(休薬期間を含む)

妊婦との性交渉は完全に控える

治療中(休薬期間を含む)、治療終了4週間後まで

妊娠反応検査と適切な避妊措置の確認

治療開始4週間前(※)、治療開始時(開始3日前から直前)、4週間を超えない間隔、治療終了時、治療終了4週間後

患者さんまたはそのパートナーが、妊娠した、もしくは妊娠した可能性がある場合は処方医師に連絡する。
「C女性」の場合は、ただちにレブラミド・ポマリストの服用を中止する




「レブラミド・ポマリストの保管には十分注意し、他人と共有または譲渡してはならない
処方ごとに、処方医師に残薬数を伝えなければならない
レブラミド・ポマリスト治療終了後は残薬を薬剤部(院内薬局)に返却する
レブラミド・ポマリストのカプセルを開けて、薬剤を取り出してはならない

治療開始予定日の4週間以上前から性交渉をしていないことが確認できた場合、治療開始4週間前の妊娠反応検査は省略できます。

ページトップへ

アイコンの見方

アイコンの見方