避妊法

処方医師は、避妊の対象となる患者さんに対して、以下の内容を説明してください。

妊娠を確実に回避する方法は、「性交渉を控えること」であること

「避妊に失敗した場合」「患者さん、もしくはパートナーに妊娠の可能性がある場合」は、ただちに処方医師に連絡すること

「A男性」の避妊法について

必ずコンドームを着用するよう指導してください。 女性パートナーにも避妊が推奨されていることを説明してください。

「C女性」の避妊法について

「経口避妊薬(低用量ピル)」「子宮内避妊器具(IUD)」「両側卵管結紮・切除術」から選択してください。 選択にあたっては、産婦人科医に相談のうえ、リスクなどを考慮して決定するよう指導してください。 男性パートナーとともに避妊することが必要です。

各種避妊法とそれらの失敗リスクおよびコスト(参考)

避妊法 パール
インデッ
クス(※)
コスト
(目安)

コンドーム 3 ~ 14%
程度
1,000 ~ 5,000円/12個

経口避妊薬
(低用量ピル)

女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)を含む薬剤で、排卵を止めます。

0.1 ~ 5.0%
程度
7,000 ~ 15,000円/月
+諸検査代

子宮内避妊器具
(IUD)

産婦人科医によって子宮内にプラスチック製の器具を装着し、受精卵が子宮内膜に着床するのを防ぎます。

0.1 ~ 2.0%
程度
処置代として
15,000 ~ 30,000円程度

両側卵管結紮・
切除術

卵管を外科的に閉じる方法です。日帰り可能な腹腔鏡手術を行う医療機関もあります。

約0.5% 250,000 ~ 500,000円
程度

「低用量経口避妊薬の医師向け情報提供資料」より抜粋

パールインデックスとはある避妊法を1年間用いた場合に、避妊に失敗する確率を示す指標です。

ページトップへ

アイコンの見方

アイコンの見方