未成年患者さんへの注意事項

未成年患者さんの運用について

未成年患者さんを新たに登録・処方する際は、セルジーン担当者またはRevMateセンターまでご連絡ください。未成年患者さんは「a未成年男性」「b未成年女性」「c未成年女性」として運用しています。

未成年患者さん専用の様式について

同意書<患者>(様式17~19)、遵守状況確認票(様式20~22)は、未成年患者さん専用の様式を用意しています。なお、定期確認票(様式27)の運用は成人用と同様です。

「レブラミド・ポマリスト治療に関する同意書」(追補10~12)の記入について

代諾者は必ず署名をしてください。また、患者さん本人が12歳以上の場合は、患者さん本人も署名をしてください。
未成年患者さんが成人になったときは、同意書<患者>(様式17~19)の各項目の内容を説明し、すべての項目をご理解いただいたうえで、患者さんの同意を取得します。また、薬剤管理者の要否を改めて確認してください。

未成年患者さんには、原則、薬剤管理者を設置してください。

「RevMate遵守状況確認票」(追補13~15)の記入について

「b未成年女性」は、診察ごとに、患者さんまたは薬剤管理者から、初経(初潮)を迎えていないことを確認してください。
初経(初潮)を迎えた場合は、「c未成年女性」への区分変更を実施してください。

妊娠回避プログラムについて

「a未成年男性」「c未成年女性」「c未成年女性の男性パートナー」に対し、妊娠を回避するプログラムを実施してください。

妊娠回避プログラムの詳細は、「妊娠回避プログラム」をご覧ください。

ページトップへ

アイコンの見方

アイコンの見方