調剤の手順 - 遵守状況の定期確認

「レブメイト定期確認票」(様式27)交付時

RevMateの遵守状況の把握を目的として、患者さんを対象に定期的に文書による確認を行います。
確認頻度は、以下に示すように患者区分により定められています。

「B女性」および入院している患者さんに、定期確認票(様式27)による確認は必要ありません。
2018年4月に開催された「第8回サリドマイド及びレナリドミドの安全管理に関する検討会」で議論された研究に参加する医療機関にあっては、当該研究で定める手順に従って患者さんの遵守状況を確認してください。

A 内容を説明し、患者さんに記入してもらいます。
B 定期確認票(様式27)を記入した日付を記入してもらいます。
C

必ず署名いただくようご指導ください。

患者さんの氏名はFAX送信時に、黒塗りとなる加工を施しているため、RevMateセンターでは読めません。
また、登録もされません。
1 レブメイトカードに記載の「8100」から始まる10桁の番号を記入します。
2 患者さんの生年月日を記入します。
3 薬局のIDを記入します。
4 医療機関の名称を記入します。
5 定期確認票(様式27)を交付する日を記入します。
6 定期確認票交付番号(遵守状況確認票受領連絡書に記載またはタブレット端末に表示されています)を記入します。
7 担当薬剤師の氏名を記入します。
8 担当薬剤師へつながる電話番号を記入します。

「レブメイト定期確認票」(様式27)受領時

回答がひとつでも右側にある場合、患者さんに確認し、適切な指導をしてください。

「適切な避妊ができなかった」に○がある場合は、状況を処方医師に伝え、処方の継続可否についてご検討ください。
「C女性」についてはただちに処方を中止してください。

ページトップへ

アイコンの見方

アイコンの見方