医療関係者の皆さま医療関係者の皆さま
患者さんご家族の皆さま患者さんご家族の皆さま
介護に携わる方へ

免疫調節薬(IMiDs:Immunomodulatory Drugs)のひとつであるレブラミド®・ポマリスト®は、
ヒトでの催奇形性を有する可能性があることから、胎児への曝露を回避するための適正管理手順
(RevMate®:レブメイト®)が定められています。

本サイトは、レブラミド®・ポマリスト®
かかわる医療関係者、患者さんとそのご家族など、
すべての方々にRevMate®の概要、
遵守いただきたい事項などについて、
その手順を解説したものです。

医療関係者の皆さま医療関係者の皆さま
患者さんご家族の皆さま患者さんご家族の皆さま
介護に携わる方へ

免疫調節薬(IMiDs:Immunomodulatory Drugs)のひとつであるレブラミド®・ポマリスト®は、
ヒトでの催奇形性を有する可能性があることから、胎児への曝露を回避するための適正管理手順
(RevMate®:レブメイト®)が定められています。

本サイトは、レブラミド®・ポマリスト®
かかわる医療関係者、患者さんとそのご家族など、
すべての方々にRevMate®の概要、
遵守いただきたい事項などについて、
その手順を解説したものです。

RevMate r
医療関係者の皆さま医療関係者の皆さま
患者さんご家族の皆さま患者さんご家族の皆さま
介護に携わる方へ

免疫調節薬(IMiDs:Immunomodulatory Drugs)のひとつであるレブラミド®・ポマリスト®は、
ヒトでの催奇形性を有する可能性があることから、胎児への曝露を回避するための適正管理手順
(RevMate®:レブメイト®)が定められています。

本サイトは、レブラミド®・ポマリスト®
かかわる医療関係者、患者さんとそのご家族など、
すべての方々にRevMate®の概要、
遵守いただきたい事項などについて、
その手順を解説したものです。