レブラミド・ポマリストを
服用されている
患者さん・ご家族の皆さま

メニュー

電話

レブメイトとは

「妊娠している女性」や「妊娠する可能性がある女性」および「パートナーが妊娠する可能性がある男性」が、誤ってレブラミド・ポマリストを服用した場合、お腹の赤ちゃん(胎児)に重大な障害を及ぼす可能性があります。したがって、患者さん以外の人が誤って服用することのないように、レブラミド・ポマリストは厳重に管理する必要があります。
レブメイトは、その管理のための手順を示したものです。

  • レブラミド・ポマリストを服用するすべての患者さんは、レブメイトを十分に理解したうえで、
    レブメイトに登録する必要があります。
    また、ご家族の方なども「薬剤管理者」として登録し、患者さんに代わってお薬の管理を行っていただきます。ただし、薬剤管理者は、主治医の判断で不要とする場合があります。
  • 患者さんは性別、妊娠する可能性によりA男性B女性C女性の3つの登録区分にわけられます。
  • 「妊娠する可能性がある女性 」や「パートナーが妊娠する可能性がある男性」には、妊娠を回避する手順を守っていただき、定期的に避妊の状況を確認させていただきます。

登録にあたってご提供いただいた個人情報は、
レブメイトおよび製造販売後調査以外の目的で使用されることはありません。
また、厳重に管理します。