レブラミド・ポマリストを
服用される
患者さん・ご家族の皆さま

メニュー

電話

日常の介護

介護する際は次の点に注意してください。

介護時の注意事項

薬剤を落としたときの対処方法

  • 主治医または薬剤師に連絡してください。

包装(PTPシート)の中で薬剤が破損しているときの対処方法

  • 包装(PTPシート)を開けないで、速やかに主治医または薬剤師に連絡してください。

本破損は品質上の不具合に該当する可能性があるため、当該製品を保管し、
おくすり相談室(0120-786-702)までご連絡をお願いいたします。

包装(PTPシート)から取り出す際に、薬剤が破損したときの対処方法

  • 主治医または薬剤師に連絡してください。

本破損は品質上の不具合に該当する可能性があります。おくすり相談室(0120-786-702)へ連絡したうえで、
薬剤曝露の危険性を考慮し、廃棄または可能であれば保管してください。

破損した薬剤の取り扱い方法についての注意点

  • 破損した薬剤、包装(PTPシート)、外箱を扱う際は、薬剤に直接触らないよう、必ず二重にした使い捨て手袋、マスク、ビニールエプロンまたはガウン、必要に応じて保護メガネを着用してください。
  • カプセルの中身(粉末)が飛散しないよう二重にした密閉可能なポリ袋(チャック付きポリ袋など)に薬剤を入れ、回収してください。
  • カプセルの中身(粉末)が衣服や靴の裏に付着した場合
    → 脱いで廃棄または他の洗濯物とは別にして、通常の洗剤を用いて二度洗いをしてください。
  • カプセルの中身(粉末)が床などに飛散した場合
    → 水でぬらした吸水性シートまたはスワブで、外側から内側に向けてカプセルの中身(粉末)を拭き取ってください。
     また、その後に水拭き、次いでから拭きを行ってください。
  • 手袋を外すときは、適切な方法(下記参照)で皮膚に薬剤が付かないようにしてください。
  • 手袋を外した後、石けんを用いて流水で手指をよく洗ってください。
  • 回収した薬剤、使用した物品(手袋、マスク、ビニールエプロン、ガウン、吸水シートまたはスワブなど)を含む廃棄物はすべてビニール袋に入れ、縛るなど密閉した状態で、施設内のルールに則り医療廃棄物として廃棄してください。

カプセルの中身(粉末)が、手などの皮膚に付着したときの対処方法

  • 主治医または薬剤師に連絡してください。
  • 石けんを用いて流水で十分に洗い流してください。
  • 女性がカプセルの中身(粉末)に接触した、あるいは接触した可能性がある場合は、
    妊娠の有無を必ず確認してください。

妊娠している場合は、速やかにおくすり相談室(0120-786-702)までご連絡をお願いいたします。
なお、カプセルの中身(粉末)に接触した場合、妊娠していない場合でも、おくすり相談室(0120-786-702)までご連絡をお願いいたします。

カプセルの中身(粉末)が、眼などの粘膜に付着したときの対処方法

  • 主治医または薬剤師に連絡してください。
  • ただちに流水または生理食塩水で15分以上、眼を洗い流してください。刺激が生じた場合や刺激が持続する場合は眼科の受診をお願いいたします。コンタクトレンズを装着している場合で、
    容易に外せる場合はただちに外した後に上記の処置を行ってください。
  • 女性がカプセルの中身(粉末)に接触した、あるいは接触した可能性がある場合は、
    妊娠の有無を必ず確認してください。

妊娠している場合は、速やかにおくすり相談室(0120-786-702)までご連絡をお願いいたします。
なお、カプセルの中身(粉末)に接触した場合、妊娠していない場合でも、おくすり相談室(0120-786-702)までご連絡をお願いいたします。

患者さんのおむつや吐しゃ物を処理するときの対処方法

  • 使い捨て手袋を必ず着用し、患者さんの排泄物や吐しゃ物に直接触らないようにしてください。
  • 清拭した物品などは、ビニール袋に入れて縛るなど密閉し、病院内のルールに則り、
    医療廃棄物として廃棄してください。
  • 排泄物や吐しゃ物で汚れた衣類や寝具を洗濯する際は、他の洗濯物とは別にして、
    通常の洗剤を用いて二度洗いをしてください。

間違って他の人が薬剤を服用したときの対処方法

  • 主治医または薬剤師に連絡してください。
  • 誤投与した際の対処法は確立しておりません。
    通常の用法・用量の範囲で誤投与された場合には、経過を十分に観察し、症状や検査値異常などが認められた際は、適切な処置をお願いいたします。

誤投与された場合には、胎児への曝露の可能性についても確認のうえ、速やかにおくすり相談室(0120-786-702)までご連絡をお願いいたします。

詳しくは下記のPDFをご覧ください(バナーをクリックするとPDFが開きます)。

お薬の扱い方について:患者さん、ご家族の皆さま、介護に携わる方へ