レブラミド・ポマリストを
服用されている
患者さん・ご家族の皆さま

メニュー

電話

服用の介助

レブラミド・ポマリストは1日1回服用するお薬です。
誤薬を防止するために、服用を介助する際は次のことに注意してください。

  • レブラミド・ポマリストは、老人福祉施設などで誤薬などがないよう、処方先の医療機関でも指導いただいているお薬です。

お薬を配る際の注意事項

配薬トレーはフルネームで管理

  • 配薬トレーの個別ケースには、利用者一人ひとりのフルネームを貼りましょう。
  • お薬は薬局に、一包化し利用者のフルネームを記載してもらいましょう。

お薬を配る際は本人確認を徹底

  • 次の最低3回は本人確認を実施してください。
    • 配薬ボックスからお薬を取り出すとき
    • 利用者のそばにいったとき
    • お薬をPTPシートから出して服用いただくとき
  • 利用者にお薬を渡す際、フルネームで声を出して呼び、確認してください。

服用時の注意事項

決まった時間に服用

  • 飲み忘れがないよう、処方先の主治医に指示された数のカプセルを一日の
    決まった時間に服用するようにしてください。

カプセルのまま服用

  • PTPシートから取り出して、カプセルのまま水またはぬるま湯で服用させてください。
  • カプセルを噛み砕いたり、開けたりしないように介助してください。

服薬確認の徹底

  • 口に入れるところまでを確認する、PTPシートを回収するなどで、服用確認を徹底してください。
  • 服用状況を日誌に記録してください。

飲み忘れや間違った数を飲んだ場合には、
必ず主治医または薬剤師に報告してください。